外国為替FX 用語集 2  さ行〜な行

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行

スポンサード リンク
さ行
指値
注文時点のレートから算出した価格を基準とし、価格が指定価格を超えたら売り注文、下回れば買い注文を出すという注文方法のこと。←→逆指値
GTC(ジー・ティー・シー)
無期限の指値のこと。注文を取り消すまで有効となる。
証拠金
外国為替取引を行う際に預け入れることが必要な保証金のこと。取引する単位、取引する会社によって金額は異なる。
ショート
通貨売り持ちのポジションのこと。
信用リスク
取引する金融会社などが万一経営破綻してしまった場合、保証金や利益が保全されない場合があるリスクのこと。
スクウェア
買持ちと売持ちの差し引きがゼロで、ポジションを持っていない状態のこと。フラットともいう。
スプレッド
為替の売値と買値の価格差のこと。この差が小さいほど投資家にとっては有利になる。
スポット取引
契約成立当日、もしくは2営業日以内に決済される取引のこと。直物取引ともいう。
スリッページ
成行注文の場合に、注文を出したときのレートと約定レートとの差。
スワップ
取引する2種類の通貨の売買から発生する金利のこと。高金利の通貨を買い低金利の通貨を売った時に受け取り、高金利の通貨を売り低金利の通貨を買った時に支払う。
スワップ・ポイント
ロールオーバーを行うことにより発生する売買差損益。通貨間の金利差が反映される。
損切り
購入(売却)した外貨が予想に反して値下がり(値上がり)してしまった場合、早めに売却し(買戻し)、現状の損失に抑えようとする行為のこと。=ロスカット
た行
ダン
ディーラー用語で、取引成立を指す。
デイ・オーダー
指値注文または逆指値注文の有効期限を、注文当日のニューヨーク・クローズまでとすること。
TTM(ティー・ティー・エム)
対顧客電信相場仲値。=仲値
TTS(ティー・ティー・エス)
対顧客電信売相場。銀行が顧客に外貨を売る(=顧客が買う)際のレートのこと。外貨預金・トラベラーズチェック・外貨の送金などで円を外貨に交換する時に、このTTSレートが用いられる。
TTB(ティー・ティー・ビー)
対顧客電信買相場。通貨両替を行う際、銀行が顧客から外貨を買い取る(=顧客が売る)際のレートのこと。外貨預金・トラベラーズチェック・外貨の送金などで外貨を円に交換する時に、このTTBレートが用いられる。
投機
レートの変動による利益の獲得を目的に売買を行うこと。
投機筋
レートの変動による利益の獲得を目的に売買を行う投資家のこと。
な行
仲値
対顧客電信相場仲値。銀行が顧客に対し10万ドル未満の外国為替取引をする際、基準として用いる売買相場のこと。=TTM (Telegraphic Transfer Middle rate)。このTTMに為替手数料を加えたものがTTB、TTSとなる。
値洗い
所持しているポジションを、現在の為替レートで売買したと仮定した場合に示される損益のこと。
スポンサード リンク


スポンサード リンク

HOME | FXおすすめポイント比較 | お得なキャンペーン情報 | FXの利益に対する税金 | くりっく365で税金優遇 | FX会社50音順索引 | TOPへもどる