くりっく365で税金優遇・くりっく365とは

くりっく365とは

くりっく365とは、東京金融先物取引所に上場している「取引所為替証拠金取引」のことで、取引所取引につけられた愛称です。

くりっく365は公設市場での取引であり、くりっく365以外のFX業者の取引は店頭取引・相対取引などと呼ばれます。

東京金融先物取引所に参加するには、金融商品取引法によって定められた規則による、厳しい審査基準が設けられています。
そのためくりっく365に参加しているFX業者は、公的に認められた信用性と安全性の高い優良業者と言えるでしょう。

なお、「クリック365」は表記ミスです。ひらがなの「くりっく365」が正式名称です。

スポンサード リンク

くりっく365の有利な取引条件

くりっく365の特長は、くりっく365以外のFX取引に比べて、有利な取引条件があることです。

 ・証拠金は取引所において全額保護
 ・複数のマーケットメーカーが価格を提示し透明性が高い
 ・スワップポイントは売り買いとも同額(一本値)

証拠金は取引所において全額保護

くりっく365では、顧客から預けられた証拠金は全額、取引所に預託することが定められています。
そのため、万一FX業者の経営が破綻した場合でも、証拠金は取引所で安全に保護されています。

くりっく365以外のFX会社で取引を行う場合は、そのFX会社ごとの保有資産や経営状況、信託保全制度があるかどうかなどの信頼性を調査しなければなりません。
しかし、くりっく365であれば、信用リスクはありません。

この安全性と信頼性でくりっく365を利用する投資家も多くいます。

スポンサード リンク

マーケットメーカーが価格提示し透明性が高い

くりっく365では、インターバンクと同等の価格、狭いスプレッド幅での取引が可能です。

くりっく365では複数の有力金融機関(マーケットメーカー)が常時価格を提示し、その価格の中から最も有利な価格とスプレッド幅が顧客に提示されます。

複数の金融機関が提示するため価格の流動性・透明性が高く、顧客にとって非常に有利で信頼性が高い取引ができるようになっています。

スワップポイントは売り買いとも同額(一本値)

くりっく365以外の外国為替証拠金取引の多くは、
「顧客が支払うスワップポイント > 顧客が受け取るスワップポイント
という仕組みになっています。
多くのFX会社は、この差額を利益としているためです。

しかしくりっく365であれば、スワップポイント売り買いの区別なく同じ価格(一本値)です。
「顧客が支払うスワップポイント = 顧客が受け取るスワップポイント
ですので、買い取引も、売り取引も、どちらも不利になることがありません。

例:
くりっく365FX業者
買い取引 150円受取  売り取引 150円支払

くりっく365以外のFX業者
買い取引 147円受取  売り取引 152円支払



  くりっく365FX会社 比較一覧を見る  

くりっく365でお勧めのFX業者

「為替-オンライントレード-INV@ST」 「くりっく365」のシェア1を誇るインヴァスト証券のINV@ST くりっく365。
取引枚数に応じて手数料ディスカウント!
他のくりっく365業者にはない独自取引システム搭載。

くりっく365で税金優遇 目次

くりっく365の税金  


スポンサード リンク

HOME | FXおすすめポイント比較 | お得なキャンペーン情報 | FXの利益に対する税金 | くりっく365で税金優遇 | FX会社50音順索引