外国為替証拠金取引 FXとは?

リスクについて

外国為替証拠金取引FXは、元本保証のない金融商品です。

外国為替証拠金取引FXで気をつけるべきリスクとしては、下記のようなものがあります。

スポンサード リンク

1. 相場変動リスク

相場の予測が外れた場合、証拠金(元本)以上の損失が発生する可能性があります。
この場合、取引を続けたいのなら「追証」と呼ばれる追加証拠金を差し入れます。

FX取引業者によっては追証のシステムがなく、強制的に全額決済される場合もあります。
決済されるライン(基準)はFX業者によって異なりますので、前もってよく確認しておき、余裕を持った取引を行うことが重要です。

2. 金利変動リスク

外国為替は、日々、変動しています。
スワップポイントもそれぞれの通貨の短期金利に応じて、日々、変動します。
金利の動向次第では、取引を始めた当初に予想していたようなスワップポイントを受け取ることができない可能性も考えられます。

同様に、支払いスワップの取引の場合も、取引を始めた当初に予想していたよりも多く支払いが必要になる可能性があります。

3. 流動性リスク

国際取引において主導的な地位を占めている基軸通貨であるドルや、主要各国の通貨は、流動性が高いために取引がしやすい通貨です。

一方、取引需要の少ない通貨の場合、流動性が低いために取引そのものがなかなか成り立たず、思うような価格で売買できないこともあります。

スポンサード リンク

4. カントリーリスク

政治リスクとも言われ、海外での投資・融資における相手国の信用度を指します。
戦争や政変、天変地異のほか、為替政策の規制や変更といった事情で、取引そのものが難しくなる場合があります。

5. 信用リスク

外国為替証拠金取引(FX)は、「相対取引」と呼ばれるFX業者間の直接取引です。
そのため、取引している外国為替取引業者が万一破綻した場合、預け入れた証拠金が還ってこない可能性があります。

信用リスクを避けるためには、FX取引業者の固有資産と顧客からの預かり資産を明確に区別し、信託銀行に預け入れる「信託保全」制度を取り入れているFX業者を選ぶのが安全です。

一方、くりっく365は「取引所取引」と呼ばれ、公設市場におけるFX取引です。
くりっく365に参加できるのは厳しい基準をクリアした優良FX業者のみであり、また顧客から預けられた保証金は全額、取引所に預けることが定められています。
そのため、保証金の安全性は業者の経営状況に左右されません。

信用リスクを重んじる方は、くりっく365でのFX取引を検討するとよいでしょう。

くりっく365とは? ⇒


外国為替証拠金取引 FXとは? 目次

FX取引業者の賢い選び方 信頼性・信託保全  


スポンサード リンク

HOME | FXおすすめポイント比較 | お得なキャンペーン情報 | FXの利益に対する税金 | くりっく365で税金優遇 | FX会社50音順索引